ある英語ディベート大会で 度肝を抜かれた話し

  (実話です)
 

 先日、ある英語ディベート大会(大学生大会)
 に審査員として参加してきました。

 

 

 数か月前に 「予選」 があって、今回は 「本戦」 でした。
 そこで心からビックリする事が起きました。

 予選をギリギリで通過していたチームが、本戦で優勝したのです。
  そのチームの英語力ですが、予選時は本当にギリギリ、という感じ
  でしたが、本戦の時には見違えるように improve していました。

 3ヶ月足らずでここまで英語が話せるようになるのか!! (*゚д゚*) ハッ!!
  心からビックリしました。 

 他のチームの英語力は、予選 → 本戦  の間にほとんど変って
  いなかったので、特にこのチームは目を引きました。

 どうやったのだろう...? 

 審査員の度肝を抜いたこのチーム、一審査員だった私も興味があり、
  「どうやってこんな短期で話せるようになったの?」 How? と聞いてみると、
  そのチームの一人が、次のように教えてくれました。

 「私達のチームは、あまり口がうまくありません。
   早く喋れるわけでも、長く喋れるわけでも、返しがうまいわけでもありません。

  だから、発音を良くすることだけに集中し、3ヶ月間それだけを練習しました。
   急いであれこれ話すのではなく、むしろゆっくり丁寧に発音する、
   ゆっくり話しているので、論理的に考えるゆとりも逆に増えました。」

 確かに、、、  ( ゚_゚) 。_。) ゚_゚) 。_。) フムフム

 他のチームは、話す量で相手チームを圧倒しようと躍起になっていて、
  一言一言の説得力はあまりなく、発音も良いわけではなく、沢山喋っている
  けど結局何が言いたかったのかあまり分からない、、、という状態でした。
  全くその逆を、この優勝チームは行ったのですね。 

 「発音にかなりの自信が持てていたので、自分達の話している事が
   相手チームにも審査員にも 『確実に』 伝わっている、という実感が
   ありました。

  確実に伝わっているのが分かるので、更に自信を持って話せました。
   話しながら、相手や審査員を説得できているのも分かっていました。」

 多少言葉は違ったかもしれませんが、概ね上記のような回答でした。
  そうなんですよね、、、この優勝チームは本当にゆっくり丁寧に話してました。
  発音も、予選の時からは見違えるように綺麗になってたんですね。

 そこで何が起こったか?

 相手チームがビックリしてしまったんですね。
  「なんだこいつら!? 発音ちょー綺麗じゃん... なんかヤバくね?」  ∑(゚□゚*川
  「なんなの、このネイティブみたいな発音、私達のはイケテなくない?」

 ここで勝負ありですよね。
  相手がこうなってしまえばあとは独壇場で、一気に優勝でした。

 じゃぁ、どうやって3ヶ月という短期間でそんなに英語の発音が良くなったのか?

  ↓

 今回の配信(最終話に続く)